コラム

コラム

正しいデンタルフロスの使い方と効果

皆さんはデンタルフロスを正しく使えていますか?

歯ブラシだけでは歯と歯の間に汚れが残り、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

汚れの全体の40%は歯と歯の間に残るので、デンタルフロスは毎日の歯磨きケアに必要不可欠です。

しかしデンタルフロスは知っていても使い方が分からない方や、適切に使えない方も多くいます。

正しく使えば歯の隅々まで磨けて虫歯や歯周病を予防し、歯の寿命を延ばすことに繋がるのです。

今回はデンタルフロスの正しい使い方を知って、日々のセルフケアに取り入れましょう。

 

デンタルフロスとは?

デンタルフロスは繊維が重なった糸に、汚れが絡みつく仕組みです。

使うと分かりますが歯と歯の間を清掃したデンタルフロスには、汚れが沢山付いて使用後はとてもすっきりとします。

デンタルフロスは歯間ブラシが入らない狭い隙間や、歯並びが悪い所も清掃できます。

 

デンタルフロスの効果

デンタルフロスは歯の清掃だけではなく、虫歯の発見にも役立ちます。

歯と歯の間でデンタルフロスを通した時、引っかかりが大きくて毛羽立ったり切れるなら虫歯かもしれません。

虫歯は歯が溶けて表面がボソボソになるため、デンタルフロスがよく引っかり毛羽立ちます。

実際に歯科医院でも歯と歯の間の虫歯を調べるときレントゲンの他に、デンタルフロスを使って虫歯の確認をします。

 

デンタルフロスの種類

デンタルフロスの種類

デンタルフロスは糸巻きタイプとホルダータイプの2種類あります。

 

糸巻きタイプ

指先から肘くらいの長さを出して、指に糸を巻き付けて使います。

少し技術はいりますが、慣れると使いやすくてホルダータイプより経済的です。

ワックス付きと無しとがありますが、ワックスが付いていると歯と歯の間に入りやすいためデンタルフロス初心者におすすめです。

ワックス無しはコーティングされていない分、繊維に汚れが絡みやすく汚れがよく取れます。

ワックス付きよりも汚れが取れますが、デンタルフロスが引っかかりやすいためデンタルフロスに慣れている方におすすめです。

 

ホルダータイプ

持ち手が付いているため初心者でも簡単に使えます。

糸巻きタイプのように指に巻き付けなくて良いため、操作が楽なのが特徴です。

F字型とY字型の2つの形があり、どちらも前歯や奥歯の両方に使えます。

使いにくい場合はF字型を前歯に、Y字型を奥歯に使い分けて下さい。

 

デンタルフロスの使い方

デンタルフロスは糸巻きタイプと、ホルダータイプでは使い方が異なります。

糸巻きタイプ

糸巻きタイプ

肘から指先くらいの長さを取り、両方の中指に2.3回くるくる巻きつけて人差し指と親指でデンタルフロスを挟みます。

挟んだデンタルフロスは強めに引っ張り、前後に動かしながらゆっくりと歯と歯の間に入れていきます。

デンタルフロスを入れて動かすだけでは、糸に汚れが絡みつかないため左右の歯の面にしっかりと押し当てて動かしましょう。

歯の面に押し当てたデンタルフロスは、ノコギリをギコギコと前後に動かすようなイメージで使って下さい。

 

ホルダータイプ

ホルダータイプ

鏡を見て前後にデンタルフロスを動かしながら、歯と歯の間にゆっくりと入れていきます。

デンタルフロスが入ったら左右の歯の面に押し当て、動かしながら汚れを取ります。

 

デンタルフロスの注意点

デンタルフロスは勢いよく入れると、歯茎に刺さり傷をつけるためゆっくり焦らず使って下さい。

特にホルダータイプは持ち手がある分、力が入れやすく勢いよく歯と歯の間に入るため注意が必要です。

歯肉炎や歯周病で歯茎に炎症がある場合は、デンタルフロスを入れると出血しやすく痛みもあります。

歯科医院でクリーニングしてもらい、毎日の歯磨きとデンタルフロスを頑張れば歯茎は回復します。

デンタルフロスを毎日使えば、歯茎の出血の有無を知ることができ健康状態の把握にもなります。

使用する度に毎回デンタルフロスがひっかかり、ボソボソになって切れてしまう場合は、歯と歯の間に虫歯があるか詰め物や被せ物が合っていない可能性があります。

 

デンタルフロスはいつ使う

毎食後にデンタルフロスを使うのが1番よいのですが、実際は時間が取れなくてなかなか難しいでしょう。

1日の終わりの寝る前には、時間をかけてゆっくりと歯を磨き仕上げにデンタルフロスを使って下さい。

寝ている間は唾液の量が減り、虫歯や歯周病になりやすい環境になります。

デンタルフロスを使って夜はしっかりとプラークを落とすことが、歯の健康を守ります。

 

正しいデンタルフロスの使い方と効果についてのまとめ

歯磨きだけでは歯と歯の間の汚れが取れないため、デンタルフロスは必要不可欠です。

歯と歯の間は汚れが溜まりやすく取れにくいため、虫歯や歯周病になりやすい場所です。

デンタルフロスを使うことは歯と歯の間を清掃する他、虫歯の早期発見もでき歯の健康維持には欠かせません。

是非、毎日使う習慣を身につけて下さい。

つじファミリー歯科でもデンタルフロスの使い方について教えています。

是非お子様連れでのご来院をお待ちしております。

つじファミリー歯科が子供連れでの歯医者通院におすすめできる理由

タグ:

 

今注目されているコラム

子連れで歯医者。産休・育休中こそママの歯科通院のチャンス?
定期的な歯科検診で歯周病予防を!
違和感をほっておくと大変なことに...歯周病のおはなし
「どこまですればいいの?」小児歯科のお悩み解決!
小児矯正をオススメする3つの理由とQ&A

 

 

 

ご予約・お問合せはこちらから

                                       
診療時間
9:30~
13:00
/
15:00~
19:30
/ /
                           
       ドクターズファイル
2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

休診日

午後休診日

※木曜日は基本的に休診ですが、祝日がある週は診療をさせていただきます

24時間対応!
オンラインご予約
ご予約画面へ