コラム

コラム

うがい薬・洗口液の効果と選び方

 

口臭予防やエチケットのために洗口液を使っている方は多いと思いますが、洗口液の正しい使い方や効果を知っている人は少ないと思います。

洗口液のテレビCMでは「歯垢が落ちる」「驚くほど汚れが落ちる」などと少し大げさに宣伝しているため、洗口液を使えば虫歯や歯周病にならないイメージもあるでしょう。

「洗口液でうがいすれば歯磨きしなくても良い」と思う方も多くいると思います。

今回は多くの方が疑問に思っている、洗口液を使う意味はあるのかを説明します。

 

洗口液っていったい何?

うが薬・洗口液の効果と選び方

 

洗口液は別名オーラルリンスやマウスウォッシュとも呼ばれ、歯ブラシで歯をキレイにした後に仕上げで使います。

汚れを取るという効果は少ないですが、歯磨き後に爽快感を与えてさっぱりしてリフレッシュできます。

洗口液は殺菌作用があり、歯をコーティングして汚れを付きにくくする予防効果もあるのです。

また出かけ先で忙しくて歯磨きできないときに、手軽にお口の中をさっぱりさせて清潔にします。

注意して欲しいのは歯磨きのような効果は無いため、うがいだけで済ませてはいけません。

また殺菌作用はありますが、日本の洗口剤の殺菌成分の濃度は海外よりかなり低く、効果は限定的です。

殺菌作用は少ないと思ったほうがよいでしょう。

 

洗口液と液体歯磨きの違い

あまり見た目では似ていて分かりにくいのですが、洗口液と液体歯磨きの2種類あります。

洗口液と液体歯磨きは効果も使う用途も違い、ぱっと見た感じでは区別がつかないため注意してパッケージを見て下さい。

 

洗口液

洗口液は汚れを落とす効果はあまり期待できませんが、歯磨きの後に使うと虫歯や歯周病を予防します。

歯磨き後の補助として洗口液を使うことで予防効果を発揮します。

 

液体歯磨き

歯磨き粉の液体タイプです。

用途は歯磨き粉と同じで清掃効果があり、素早く歯の隅々まで液体歯磨きがいきわたります。

液体歯磨きをお口の中にいきわたらせた後に、いつもと同じように歯ブラシを使って磨いて下さい。

 

洗口液で汚れは取れるの?

食べた後に口の中に残った食べかすは、洗口液でうがいをすればある程度取れます。

しかし食べかすは時間が経つと細菌によって分解され、ベトベトと糊のようにくっつくプラークに変わります。

プラークはしつこくくっついているため、洗口液でうがいをしただけでは取れません。

プラークは歯ブラシの毛先がしっかり当たり、擦れることでやっと取れるのです。

洗口液では多少の食べかすが取れる程度なので、汚れ落とし目的で使用しないで下さい。

 

洗口液の正しい使い方

いつも通りしっかり歯磨きをしてから、洗口液を使って下さい。

歯磨きをしないと汚れの上から洗口液を使っているだけで効果がなく、歯に薬効成分が行きわたりません。

洗口液を使った直後に水でうがいをすることや、飲食をすると効果が落ちてしまうので30分はそのままにして下さい。

虫歯や歯周病予防のために使うならば就寝前がおすすめです。

就寝前に使うと寝ている間のケアができるのと、朝起きた時のお口の不快感が少なくなります。

洗口液は歯磨き後に使うのが1番よい方法ですが、忙しく歯が磨けないときや歯ブラシを持っていなくてお口の中をさっぱりさせたいときは歯磨きをせずに使う事もできます。

 

口臭は取れない

 

口臭は取れない

 

洗口液を使った直後はさっぱりとお口がいい匂いかもしれませんが、もともと口臭がある場合は取ることができません。

口臭はプラークや歯石が原因で、虫歯や歯周病があるときつい口臭がします。

これらの原因を歯科医院で治療して取り除かないと口臭は消えないため、洗口液を使っても一時だけさっぱりするだけで意味がありません。

食べ物による口臭もまずは歯磨きして次に洗口液を使わないと取れないので、洗口液だけでは口臭は取り除くことはできないのです。

 

洗口液の選び方

 

洗口液の選び方

 

ドラッグストアでたくさんの洗口液が売っているので、どの商品が良いのか迷う方も多いでしょう。

選び方のポイントは、ノンアルコールで刺激が少ないタイプがおすすめです。

アルコールが入っていると殺菌効果が高そうに感じますが、お口の中の潤いが奪われて乾燥します。

またアルコールが入っている洗口液は刺激が強く爽快感があるため、歯磨きをしなくても洗口液を使えば磨いた気になってしまいます。

洗口液を選ぶなら歯科医院で購入するのが1番おすすめです。

虫歯や歯周病予防に効果があり、薬効成分が高く歯を病気から予防するには効果があります。

歯科医院の洗口液も種類があり患者様やお子様に合わせられるように色々とあるので、歯科医師や歯科衛生士に相談して自分に合った洗口液を使って下さい。

つじファミリー歯科が子供連れでの歯医者通院におすすめできる理由

 

うがい薬・洗口液の効果と選び方のまとめうがい薬・洗口液の効果と選び方のまとめ

洗口液について色々と説明しましたが、CMで説明しているように「洗口液でプラークが取れる」ということはないので注意して下さい。

歯磨きでしっかりとプラークを取ってから洗口液を使うことが約束で、洗口液の効果を高めることができます。

洗口液は直接汚れや口臭を取る効果はありませんが、歯を病気から守るための予防効果はあるので歯磨きとセットで使って下さい。

洗口液は汚れを落とす効果は弱いですが、歯磨き後に使えば歯を虫歯や歯周病から守ってくれるので、使う意味は十分にあります。

タグ:

 

今注目されているコラム

子連れで歯医者。産休・育休中こそママの歯科通院のチャンス?
定期的な歯科検診で歯周病予防を!
違和感をほっておくと大変なことに...歯周病のおはなし
「どこまですればいいの?」小児歯科のお悩み解決!
小児矯正をオススメする3つの理由とQ&A

 

 

 

ご予約・お問合せはこちらから

                                       
診療時間
9:30~
13:00
/
15:00~
19:30
/ /
                           
       ドクターズファイル
2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

休診日

午後休診日

※木曜日は基本的に休診ですが、祝日がある週は診療をさせていただきます

24時間対応!
オンラインご予約
ご予約画面へ