院長「辻 直哉」の系譜

院長「辻 直哉」の系譜

つじファミリー歯科院長「辻 直哉」の系譜

放出のつじファミリー歯科院長「辻 直哉」が歯科医を志した理由をはじめ、生い立ちや当院のコンセプトなど、インタビュー形式で紹介します。

なぜ歯科医師になろうと思ったのですか?

母親が薬剤師をしており、高1までは薬剤師になりたいと思っていました。
当時、家の隣に病院が出来てから知ったのですが、処方箋がなければ、薬剤師だけでは薬剤が出せないことを知ったんですね。
そのためには医者や歯医者にならないといけないと思ったんです。
また、昔からこまかい作業をするのが得意というか、手先が器用だったので。という部分もあります。

医者か歯医者でなぜ歯医者を選んだのですか?

当時人から聞いた話によると、何時間もかけて診察に行って、先生に診てもらえるのは5分。薬を出すだけで終わり。という先生もいると聞いたことがあって…。
歯医者であれば、診察に来た患者さんに対しては、必ず何かしら、施すことができるなとその時感じ、これはやりがいのある仕事だと感じたため、歯科医師になることを決めました。
実際に近所の歯医者さんは患者さんが満足して帰っているのも目で見てましたし。

歯科医になったら、その後の道として、選択肢はいろいろあるかと思いますが、開業を志したのは、いつですか?

大学の歯学部に居たときからです。
家で親が薬局をやっていたことを見ていたことから、とにかく早いタイミングで開業したいと目標を決めていました。
そのためにも技術の習得や、現場での経験をできるだけ早く取得しようと自分なりに努力してきたつもりです。

特に専攻して身につけておきたかった技術はなにかありましたか?

歯科医を志した時から開業を見据えていたので、全てに対応できる技術を早く身につけたいと思っていました。
そのため、当時の院長に与えられていた課題を目標よりも早くクリアしていたかと思います。
勤務していた歯科医院が歯科口腔外科や抜歯などの技術に長けていたので、その点は運がよかったと思います。

なぜ放出のこの場所に歯科医院を構えたのでしょうか?

隣に整形外科医院があるのですが、開業する前にそこに通われている人の多さを観察していました。
また、医院が揃っているテナントであったため、何かの時に連携が取りやすいかなと感じたのもあります。

出身地も近いのですか?

出身は住道です。
高校が京橋でしたので、放出は通学途中にある賑わいのある駅・街であったということで馴染みがありました。
また、近い将来、JRが放出から新大阪へ線路を伸ばそうとしている話を聞き、ゆくゆくはより多くの人が集まるのではないかと考えていました。
これから新しく人が入ってくる地域であれば、幅広い年齢層の患者さんに来てもらうことができると思ったからです。

小さい頃はどんな子でしたか?

よく問題を起こす問題児でした(笑)。すぐ物を壊したり、無くしたりして、親や先生にいつも怒られてばかりでした。付き合いの長い、昔からの幼馴染が多くいて、色々と助けてもらっていました。
中学生からは高校で進学校に進もうと考えていたこともあり、真面目に勉強に取り組んでいました。塾にも行くようになりましたので、勉強をする時間が多くなりました。
ですが、高校に進学してからは、元々いろんなことに興味を持つ子供だったので勉強がおろそかになりました(笑)。
高校も進学校でしたが、勉強よりも「どう遊ぶ時間を作るか」ということをよく考えていました。
そのお陰か、遊びと勉強の切り替えが上手になったと思います。
そういう生活をしていたら、いつの間にか周りの友達から持ち上げられて、今でも高校の同窓生の忘年会の幹事をしています。

高校卒業後は?

大学受験では一浪しましたが、浪人時代が一番楽しかったです。
色んな進学校から、色んな意見を持った人が予備校に集まってくる。勉強だけをするわけではなく、その当時知り合った友達といろんなことを語りあい、知見が広がりました。今でも彼らとはつながっていますが、それぞれが全く別の業界に行き、責任ある立場にいる人が多いので、今でもいろいろと勉強させてもらっている点もあります。

大学時代はどんな学生でしたか?

海外旅行によく行ってました。旅行を通して、見聞を広めました。アジアの近隣諸国をはじめ、カナダやヨーロッパにも行きました。今も旅行は趣味ですが、なかなか忙しくて行けてないですね。
また、アルバイトでは家庭教師をしており、いまだにその時の生徒さんとは交流があります。そのうちの1人がラーメン屋さんの店長をしています。京都に行かれた際はぜひ一度ご賞味ください。
京都の一乗寺にあるラーメン屋【麺屋 聖】https://yukou-kiyo.com/kiyo.html
つじファミリー歯科院長の学生時代その1 つじファミリー歯科院長の学生時代その2 つじファミリー歯科院長の学生時代アルバイト

他に趣味はありますか?

ジャンルにこだわりは無いですが、スポーツ観戦が好きです。
シアトルに行ったらイチローを見たり、パリでは凱旋門にあるロンシャンの競馬場に行ったり、テレビで見るだけではなく、自分の足で見に行くということもします。
あとは車が好きですね。大学は東北大学なので、もちろん車があると無いとでは、生活が全然変わりますので。今より若いころは車を頑張って購入していじるのが好きでした。
最近は家族もいるのでファミリーカーになっちゃってますが(笑)

先生もお子さんが4人いるとのことですが、子供の患者さんの診療の際、心がけていることはありますか?

子供の治療は無理をさせない程度で留めておきます。
無理に痛がるまで治療を行うと、次回来てもらえないことにもなってしまいますので。
長女がよく虫歯になっていたので、子供の症状には特に気をつかっていますね。
普段の食生活もそうですが、人それぞれ特性も違うため、それを見極めての治療や指導を心がけています。
つじファミリー歯科院長の家族


医院の設備やコンセプトは?

大学時代に住んでいた仙台にある「どんぐり接骨院」を参考にさせていただいている部分もあります。
当時は憩いの場としてよくお世話になっていたので。
木目調、ジブリを意識することで「患者さんにリラックスをしてもらえる」空間が作れるかなと。
老若男女問わず幅広い世代の患者さんにご来院いただくことを院のコンセプトとしていますので。
実際に開業してから、ぬいぐるみなどを抱っこしながら治療を受ける子がいて、(患者のリラックス効果として)自身の想像を超えていました。
ただ院内が「お遊び」な雰囲気にならないように、高性能な滅菌器などの機器は積極的に導入しています。
開業時は小児歯科だけだと思われていたようですが、最近ではご年配の方も通院していただけるようになりました。

なぜ設備にこだわりを?

勤務医時代に、とにかく滅菌にこだわる先生がいて、その影響が大きいですね。
全て同じレベルまでもっていくのは難しいですが、出来る限りいい設備を導入しています。

設備の中でもイチオシは?

取り立ててイチオシいうことはないですね。
まだまだ改善することはあります。
当院で備えている設備は、実際にはどの歯科医院でも入れているものではありますが、「設備があって、しっかりと滅菌をしていること」をアピールしていたことで、ご来院いただいた方もいます。

今後のビジョン

患者さんと末永くお付き合いできる歯科医院にしていきたいです。
今はまだ小さい子が、つじファミリー歯科に通いながら大きく成長した姿を見てみたいです。
現在も、ご年配の方で開業からずっと通院していただいている方もいらっしゃいます。
一回来てもらった方に、ブランクが空いてももう一度来てもらえるような歯科医院がいいですね。

関連コンテンツ

ご予約・お問合せはこちらから

当院はご予約優先のため、ご来院はご予約をおすすめします。
TEL.06-6967-6666

診療時間
9:30~
13:00
/
15:00~
19:30
/ /

▲・・・9:30~13:30 【休診日】土曜午後、日曜、祝日

院の北側30mのところに専用駐車場有(放出ゆうゆうガレージ38番)

24時間対応!
オンラインご予約
ご予約画面へ